猿猴取月

【読み】 えんこうしゅげつ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 猿猴月を取る(えんこうつきをとる)
【漢検級】 1級

【猿猴取月の解説】

【意味】 猿猴取月とは、できもしないことをしようとして、身を滅ぼすことのたとえ。また、無謀な計画のたとえ。
【注釈】 「猿猴」は、猿のこと。
『僧祇律』にみえる以下の寓話から。
【故事】 大勢の猿たちが井戸の水にうつった月を取ろうとして、互いに尾をつかみ数珠つなぎになって木にぶら下がっているうちに、枝が折れて猿たちはみな溺れ死んだという。
【出典】 『僧祇律』七
【注意】
【類義語】 猿猴捉月/海底撈月/掉棒打星/蟷螂之斧
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス