比翼連理

【読み】 ひよくれんり
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【比翼連理の解説】

【意味】 比翼連理とは、男女の情深く仲むつまじいことのたとえ。夫婦仲のいいことのたとえ。
【注釈】 「比翼の鳥、連理の枝」の略。
比翼の鳥とは、雄雌二羽の鳥が常に一体となって飛ぶという想像上の鳥。
「連理の枝」とは、根本は別々の二本の木だが、枝や幹が途中でつながって一本となったもの。
白居易の『長恨歌』に「天に在りては願はくは比翼の鳥と作り、地に在りては願はくは連理の枝と為らん」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 白居易「長恨歌」
【注意】
【類義語】 鴛鴦之契/偕老同穴/関関雎鳩/関雎之化/琴瑟相和/琴瑟調和/形影一如/合歓綢繆/双宿双飛/鳳凰于飛/連理之枝
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス