判官贔屓

【読み】 ほうがんびいき
【その他の読み】 はんがんびいき
【別表記】 判官贔屭判官贔負
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【判官贔屓の解説】

【意味】 判官贔屓とは、弱者や敗者のほうに同情し、味方したり応援したりすること。
【注釈】 「判官」とは、官職の名で、ここでは検非違使の尉の意。検非違使は現在でいう警察官と裁判官を兼ねた職。
「贔屓」は、目をかけて応援すること。
【故事】 検非違使の尉(判官)であった源義経が、兄である源頼朝にねたまれ滅んだことに、人々が同情したという故事から。
【出典】
【注意】
【類義語】 曾我贔屓
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス