不惜身命

【読み】 ふしゃくしんみょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 身命を惜しまず(しんみょうをおしまず)
【漢検級】 準1級

【不惜身命の解説】

【意味】 不惜身命とは、仏教で、修行者や菩薩が自分の命をなげうって仏教に尽くすこと。転じて、自分の体や命を惜しまないこと。
【注釈】 「不惜は惜しまないの意、「身命」は体と命のこと。
『法華経・譬喩品』に「もし人精進して、常に慈心を修し、身命を惜しまざれば、すなわち為に説くべし」とみえる。
【故事】
【出典】 『法華経』譬喩品
【注意】 「不惜」を「ふせき」、「身命」を「しんめい」と読むのは誤り。
【類義語】 一生懸命一所懸命/完全燃焼/全力投球
【対義語】 可惜身命

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス