以心伝心

【読み】 いしんでんしん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 心を以て心に伝う(こころをもってこころにつたう)
【漢検級】 5級

【以心伝心の解説】

【意味】 以心伝心とは、言葉や文字を使わなくても、互いの気持ちが通じ合うこと。
【注釈】 もとは仏教用語。
特に仏教の宗派の一つである禅宗で、言葉や文字では表せない奥深い仏法の神髄を、師から弟子の心へ伝えることをいった。
『景徳伝灯録』に「仏の滅する後、法を迦葉に対し、心を以て心に伝う」とある。
迦葉は釈迦の十人のすぐれた弟子のうちの一人。
【故事】
【出典】 『景徳伝灯録』
『禅源諸詮集都序』上
【注意】 「以心」を「意心」と書くのは誤り。
【類義語】 感応道交/教外別伝/神会黙契/拈華微笑/不言不語/不立文字/黙契秘旨/維摩一黙
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス