一言居士

【読み】 いちげんこじ
【その他の読み】 いちごんこじ
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【一言居士の解説】

【意味】 一言居士とは、何事にも一言口出しをしなければ気の済まない性質の人。
【注釈】 「居士」とは、在家で仏道の修行をする男子。
日本では、男子が死んだ後、法名・戒名の下に添える称号としても用いられる。
ここでは「一言抉る(「抉る」は「こじる」と読み、意味は異議を唱えること)」を、人名になぞらえて言ったもの。
【故事】
【出典】
【注意】 「居士」を「きょし」と読むのは誤り。
【類義語】 一徹短慮/頑固一徹漱石枕流/偏狭頑固
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一言居士(いちげんこじ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一言居士の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス