一粒万倍

【読み】 いちりゅうまんばい
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【一粒万倍の解説】

【意味】 一粒万倍とは、わずかなものから多くの利益が出ること。また、わずかなものでも粗末にしてはいけないという戒め。稲の異名でもある。
【注釈】 一粒の種を蒔けば、実って何倍にもの粒になることから。
一つの善行から、多くの報いを得るたとえ。
『報恩経』に「世間利を求むるは、田を耕す者より先なりはなし、一を種えて万倍す」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『報恩経』四
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

一粒万倍(いちりゅうまんばい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
一粒万倍の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス