一縷千鈞

【読み】 いちるせんきん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【一縷千鈞の解説】

【意味】 一縷千鈞とは、非常に危険なことのたとえ。
【注釈】 「一縷」とは、一本の糸のこと。
「鈞」は重さの単位で、一鈞は約七・七キログラム。
一本の細い糸で、千鈞もの重いものを支える意から。
『文選・枚乗・上書諫呉王-書』にある「一縷の任を以て千鈞の重さを係く」の略。
【故事】
【出典】 『文選』枚乗「上書諫呉王-書」
【注意】
【類義語】 一縷千金/一触即発一髪千鈞危機一髪/剣抜弩張/累卵之危
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス