一竿風月

【読み】 いっかんふうげつ
【その他の読み】 いっかんのふうげつ
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【一竿風月の解説】

【意味】 一竿風月とは、自然の中で悠々自適に過ごすこと。
【注釈】 「竿」は釣り竿。
「風月」とは、風流を楽しむこと。
一本の釣り竿を持って、自然の中で風月を楽しむ意。
陸游の詩『感旧』に「首を回らせば荘遊まことに昨夢、一竿の風月南湖に老ゆ」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 陸游・詩「感旧」
【注意】 「一竿」を「一干」と書いたり、「ひとさお」と読むのは誤り。
【類義語】 一丘一壑/採薪汲水/悠悠自適
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス