一騎当千

【読み】 いっきとうせん
【その他の読み】 いっきとうぜん
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【一騎当千の解説】

【意味】 一騎当千とは、一人で千人の敵を相手にできるほど、群を抜いて強いことのたとえ。また、並外れた能力などのたとえ。
【注釈】 「一騎」とは、一人の騎馬武者の意。
「当千」は、千人に匹敵するの意。
『太平記』に「其ノ勢僅ヵ三十二人、是皆一騎当千ノ兵トイヘ共、敵五百余騎ニ打合ウテ、戦フベキ様ハナカリケリ」とある。
【故事】
【出典】 『太平記』
【注意】 「一騎」を「一期」、「当千」を「当選」と書くのは誤り。
【類義語】 一人当千/一人当百/蓋世不抜/万夫不当百戦錬磨
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス