一所懸命

【読み】 いっしょけんめい
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【一所懸命の解説】

【意味】 一所懸命とは、命をかけて物事に打ち込むさま。
【注釈】 「一所」とは、上から賜った一箇所の領地。
「懸命」とは、命がけでの意。
元は中世の武士が一つの領地を命がけで守ることを「一所懸命の地」と言ったが、江戸時代あたりから「一生懸命」という言葉が生まれ、現在では両方の表記が使われるようになった。
【故事】
【出典】
【注意】 「一所」を「いっしょう」と読んだり、「いっしょけんめい」の漢字表記を「一生懸命」とするのは誤り。
【類義語】 一生懸命/完全燃焼/全力投球/不惜身命
【対義語】

【使用漢字】

【関連リンク】

一所懸命の意味・類語
「一生懸命」と「一所懸命」の違い
「一所懸命」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス