意味深長

【読み】 いみしんちょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【意味深長の解説】

【意味】 意味深長とは、人の言動や詩文などの表現に深い意味があり、趣のあるさま。また、表面に表れたものの他に、別の意味が含まれていること。
【注釈】 「意味」とは、ここでは事のわけの意。
「深長」は、深い趣があること。
『論語序説』に「これを読むこといよいよ久しくして、ただ意味深長なるを覚ゆ(読めば読むほどに味わい深さを覚えた)」とある。
現代では、略して「意味深」ともいうが、「意味深」は俗語。
【故事】
【出典】 『論語序説』朱熹
『河南程氏遺書』一九
【注意】 「深長」を「慎重」、「伸長」、「深重」、「深調」などと書くのは誤り。
【類義語】 意在言外/微言大義
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス