陰陽五行

【読み】 いんようごぎょう
【その他の読み】 おんみょうごぎょうおんようごぎょう
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【陰陽五行の解説】

【意味】 陰陽五行とは、天地間の万物を作り出す陰・陽の二気と、天地間に循環していて万物の構成元素となる木・火・土・金・水の五元素のこと。
【注釈】 古代中国の哲理で、これらの要素の消長により天変地異や吉凶禍福などを説明・解釈したものを「陰陽五行説」といい、人々の生活に大きな影響を及ぼした。
日本の陰陽道もこの説に基づいている。
【故事】
【出典】
【注意】 「五行」を「ごこう」と読むのは誤り。
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス