鎧袖一触

【読み】 がいしゅういっしょく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【鎧袖一触の解説】

【意味】 鎧袖一触とは、たやすく相手を打ち負かしてしまうたとえ。また、弱い敵を軽い一撃で容易に倒すことのたとえ。
【注釈】 「一触」とは、わずかに触れるの意。
頑丈な鎧の袖がほんのわずかに触れただけで、即座に敵が倒れることから。
『日本外史』に「平清盛輩の如きに至っては、臣の鎧袖一たび触るれば、皆自ずから倒れんのみ」とある。
【故事】
【出典】 『日本外史』二・頼山陽
『源氏正記』源氏上
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス