海内無双

【読み】 かいだいむそう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【海内無双の解説】

【意味】 海内無双とは、この世に並ぶものがないほど優れていること。
【注釈】 「海内」とは、四海の内の意から転じて、この世のこと。天下。
「無双」とは、二つとない・匹敵するものがないの意。
『文選』の東方朔「答客難」に「自ら以為へらく智能は海内無双、則ち博聞弁智と謂ふべし、と」とみえる。
【故事】
【出典】 『文選』東方朔「答客難」
【注意】 「海内」を「かいない」と読むのは誤り。
【類義語】 寡二少双/挙世無双/国士無双/古今独歩/古今無双/古今無比/古今無類/天下一品/天下第一/天下無双/天下無敵/天下無比/天下無類/当代第一/当代無双/斗南一人/非常之人
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス