快刀乱麻

【読み】 かいとうらんま
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【快刀乱麻の解説】

【意味】 快刀乱麻とは、こじれた問題をあざやかに処理し、解決すること。
【注釈】 「快刀、乱麻を断つ」の略。
するどい刀で、もつれ合った麻糸をすっぱりと断ち切ることように、物事を手際よく処理する意から。
「快刀」とは、切れ味の良い刀。
「乱麻」とは、絡み合った麻糸。
【故事】 『北斉書』には、北斉の高祖が乱れた糸をほぐすように言ったところ、高洋という子供は「もつれた糸は斬ってしまうべきだ」と言い、糸を刀で斬ったとある。
高洋は、後に文宣王となった。
【出典】 『太平御覧』巻二一五に引く謝承
『後漢書』方儲伝
『北斉書』文宣帝紀
【注意】 「快刀」を「怪盗」や「快投」、「怪刀」などと書くのは誤り。
「乱麻」を「乱魔」や「乱摩」などと書くのは誤り。
【類義語】 一刀両断
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス