楽羊啜子

【読み】 がくようてっし
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 楽羊子を啜る(がくようこをすする)
【漢検級】

【楽羊啜子の解説】

【意味】 楽羊啜子とは、君主への忠誠心のため我が子の羹をすすったという故事。
【注釈】
【故事】 中国戦国時代、魏の将軍楽羊は中山と戦っていたとき、我が子を人質にとられた。
楽羊は、主君のために我が子の肉を煮たスープを三杯もすすり飲み、主君のためなら何でもする楽羊を恐れた中山は降伏した。
しかし、我が子の羹を飲んだ楽羊は、手柄は立てたが君主から信用されなくなったという話から。
【出典】 『淮南子』人間訓
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス