家鶏野雉

【読み】 かけいやち
【その他の読み】
【別表記】 家雞野雉
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【家鶏野雉の解説】

【意味】 家鶏野雉とは、身近にあるありふれたものを嫌い、珍しく新しいものを好むこと。また、家にあるものより外にあるものを好むこと。良い筆跡と悪い筆跡のたとえにも使われる。
【注釈】 「家鶏」とは、家で飼っているにわとり。転じて、身近なもの・古いもののたとえ。
「野雉」とは、野生のキジ。転じて、遠くにあるもの・新しいもののたとえ。
「家鶏を厭い、野雉を愛す」の略。
【故事】 晋代の庾翼(ゆよく)は王羲之と並ぶほどの書の名手であったが、王羲之の名声が上がるようになると、庾翼は自分を家鶏に、王羲之を野雉になぞらえ、子弟が家鶏を卑しみ、野雉を愛しているのを嘆いたという。
【出典】 『太平御覧』九一八引『晋書』
【注意】
【類義語】 家鶏野鶩
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス