臥薪嘗胆

【読み】 がしんしょうたん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 薪に臥して胆を嘗む(たきぎにふしてきもをなむ)
【漢検級】 準1級

【臥薪嘗胆の解説】

【意味】 臥薪嘗胆とは、仇を討つため、または目的を達成するために、長い間じっと苦労に耐えることのたとえ。
【注釈】 「臥」は横になる、「薪」はたきぎ。 「嘗」は舐めるの意、「胆」は胆嚢のことで、「嘗胆」は苦い肝を舐めるという意。
敗戦の恥をぬぐうために、自分自身に苦労を課すことからできたことば。
【故事】 春秋時代、越王の勾践に敗れた父である呉王の闔盧の敵を討つため、夫差は毎夜薪の中に寝ては仇討ちの心をかきたてた。
三年後、ついに会稽山で勾践を降伏させたが、勾践は復讐の念を忘れないため苦い胆をなめて、苦難の末に夫差を打ち破ったという故事に基づく。
また、「臥薪」「嘗胆」ともに越王句践の故事とする説もある。
【出典】 『十八史略』春秋戦国
『史記』越世家
【注意】 「嘗胆」を「掌胆」と書くのは誤り。
短期間の辛苦に使うのは誤り。
【類義語】 越王之胆/坐薪懸胆
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス