画竜点睛

【読み】 がりょうてんせい
【その他の読み】 がりゅうてんせい
【別表記】 画龍点睛
【類形同義語】
【訓読】 竜を描いて睛を点ず(りゅうをえがいてひとみをてんず)
【漢検級】 1級

【画竜点睛の解説】

【意味】 画竜点睛とは、物事をりっぱに完成させるための、最後の仕上げ。また、全体を引き立たせる最も肝心な部分のこと。
【注釈】 「画竜」は竜の絵を描くこと、「睛」は瞳のことで「点睛」は瞳を点ずるということ。
竜を描いたとき、最後に一番大切な瞳を書き入れて、絵が完成することから。
多く「画竜点睛を欠く」の形で用いられ、「ほとんど完成しているが最も重要なところが抜けている」という意味で使われる。
【故事】 『歴代名画記・張僧ヨウ』にある以下の故事に基づく。
中国の南朝梁の時代、張僧ヨウという絵師が金稜の安楽寺の壁に四匹の竜の絵を描いた。 その竜は今にも天に昇っていきそうな勢いで、見た人々は息を飲んだが、なぜか竜の瞳が描かれていなかった。
なぜ瞳を描かないのかと絵師に尋ねると「瞳を入れると飛び去るからだ」と言うが、人々はそれを信じようとしなかった。
そこで仕方なく竜の瞳を描き入れてみせると、竜は雲に乗ってたちまち天に昇っていき、瞳を書き入れなかった二頭の竜はそのまま残ったという。
【出典】 『歴代名画記』張僧繇
【注意】 「点睛」を「点晴」と書くのは誤り。
【類義語】 点睛開眼
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス