迦陵頻伽

【読み】 かりょうびんが
【その他の読み】
【別表記】 伽陵頻迦伽陵頻伽迦陵嚬伽迦陵毘迦
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【迦陵頻伽の解説】

【意味】 迦陵頻伽とは、声が美しいもののたとえ。極楽浄土に住むという想像上の鳥の名。
【注釈】 「迦」「陵」「頻」「伽」は、梵語(古代インド語)の音を表す当て字。
ヒマラヤ山中あるいは極楽浄土に住み、上半身は美女・下半身は鳥の姿で描かれた、比類なき美声を持つといわれている想像上の鳥の名。
仏典では「好声鳥」「逸音鳥」「妙声鳥」「美音鳥」などと意訳される。
略して「迦陵頻」「迦陵」「頻伽」ともいう。
【故事】
【出典】 『大荘厳論経』八
『月光菩薩経』三
『正法念経』
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

迦陵頻伽(かりょうびんが)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス