勧善懲悪

【読み】 かんぜんちょうあく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 懲悪勧善
【訓読】 善を勧め悪を懲らす(ぜんをすすめあくをこらす)
【漢検級】 準2級

【勧善懲悪の解説】

【意味】 勧善懲悪とは、善良な人や行いを褒めて勧め、悪い人や行いは懲らしめ戒めること。
【注釈】 芝居や小説などで、最終的に善人が栄え、悪は滅びるという筋書きに使われることも多い。
『春秋左氏伝』に「悪を懲らしめて善を勧む」とある。
【故事】
【出典】 『春秋左氏伝』成公十四年
【注意】 「勧善」を「観善」や「歓善」、「完全」などと書くのは誤り。
「懲悪」を「徴悪」と書くのは誤り。
【類義語】 遏悪揚善/勧奨懲戒/勧善戒悪/勧善黜悪/彰善癉悪/天網恢恢破邪顕正/撥乱反正
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス