含哺鼓腹

【読み】 がんぽこふく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 哺を含み腹を鼓す(ほをふくみはらをこす)
【漢検級】 2級

【含哺鼓腹の解説】

【意味】 含哺鼓腹とは、人々が豊かで太平な世を楽しむことのたとえ。
【注釈】 「含哺」は、食べ物をほおばること。
「鼓腹」は、腹づつみを打つこと。
食べ物を口に含み満腹になり、腹づつみを打つ意から、天下太平の世を楽しんでいるさまをいう。
『十八史略』に「哺を含みてよろこび、腹を鼓して遊ぶ」とみえる。
【故事】
【出典】 『十八史略』
『荘子』
【注意】 「含哺」を「含甫」と書くのは誤り。
【類義語】 鼓腹撃壌
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス