鶏鳴狗盗

【読み】 けいめいくとう
【その他の読み】 けいめいこうとう
【別表記】 雞鳴狗盗
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【鶏鳴狗盗の解説】

【意味】 鶏鳴狗盗とは、つまらない技能しか持たない者のたとえ。また、つまらない技能でも何かの役に立つことがあるということ。
【注釈】 「鶏鳴」は、鶏の鳴きまねの意。
「狗盗」は、犬のように卑しくこそこそと物を盗む意。
【故事】 中国戦国時代、斉の孟嘗君が秦の昭王に捕らえられたとき、犬のまねをして盗みをする食客と鶏の鳴きまねのうまい食客を利用して、無事に逃れたという。
【出典】 『史記』孟嘗君伝
【注意】
【類義語】 竹頭木屑
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス