堅忍不抜

【読み】 けんにんふばつ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【堅忍不抜の解説】

【意味】 堅忍不抜とは、我慢強く耐え忍び、心を動かさないこと。
【注釈】 「堅忍」とは、意思が強く、しっかりと耐え忍ぶこと。
「不抜」とは、かたくて抜けないこと。転じて、ものに動じないの意。
蘇軾『鼂錯論』に「古の大事を立つる者、ただ超世の才有るのみならず、また必ず堅忍不抜の志有り」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 蘇軾『鼂錯論』
【注意】 「不抜」を「不技」と書くのは誤り。
【類義語】 堅苦卓絶/堅忍持久/曠日持久/志操堅固/鉄心石腸/不抜之志
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス