巧言令色

【読み】 こうげんれいしょく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【巧言令色の解説】

【意味】 巧言令色とは、口先や顔つきだけを取り繕い、人に媚びへつらうこと。
【注釈】 「巧言」とは、相手に気に入られるように巧みに飾られた言葉。
「令色」とは、愛想よく取り繕った顔の表情。
『論語・学而』に「巧言令色鮮し仁(口先や顔つきだけをとりつくろう者に仁の徳は少ない)」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『論語』学而
【注意】 「巧言」を「好言」「広言」などと書くのは誤り。
【類義語】 阿諛迎合/阿諛追従/阿諛便佞/内股膏薬/市気匠気/長舌三寸/八方美人二股膏薬
【対義語】 剛毅木訥質実剛健/質朴剛健

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス