向天吐唾

【読み】 こうてんとだ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 天に向かって唾を吐く(てんにむかってつばをはく)
【漢検級】 2級

【向天吐唾の解説】

【意味】 向天吐唾とは、他人に害を与えようとして、逆にその害を自分が受けることのたとえ。
【注釈】 天に向かって唾を吐けば、その唾が落ちて自分に降りかかってくる意から。
【故事】
【出典】 『四十二章経』
【注意】
【類義語】 悪因悪果/開門揖盗/自業自得/自業自縛/自作自受/自縄自縛
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス