甲論乙駁

【読み】 こうろんおつばく
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【甲論乙駁の解説】

【意味】 甲論乙駁とは、互いにあれこれ主張して、議論が尽きずにまとまらないこと。
【注釈】 「駁」は、非難する意。 甲が何かを論じると、それに対して乙が反対するというように、なかなか結論が出ないことから。
【故事】
【出典】
【注意】
【類義語】 議論百出/議論沸騰/議論紛紛/賛否両論諸説紛紛/紛紛聚訴
【対義語】 衆議一決/衆口一致/満場一致

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス