呉越同舟

【読み】 ごえつどうしゅう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【呉越同舟の解説】

【意味】 呉越同舟とは、仲の悪い者同士が同じ環境にいること。また、敵同士であっても、利害が一致したり同じ災害にあったりしたときなどは、互いに協力し合うこと。
【注釈】 「呉」「越」は、ともに中国春秋時代の国の名前。呉の国と越の国は長い間戦い続けた敵同士の関係。転じて、仲の悪い者同士のたとえ。
「同舟」とは、同じ舟に乗ること。
『孫子・九地』に「それ呉人と越人と相悪むなり。その舟を同じくして済り風に遇うに当しては、その相救うや、左右の手の如し」とある。
【故事】 春秋時代、長く敵対関係にあった呉と越の国民同士は仲が悪かったが、両国の人たちが同じ舟に乗り合わせ、舟が嵐にあい転覆しそうになったときには、互いに協力して助け合ったという故事から。
【出典】 『孫子』九地
【注意】 「同舟」を「同衆」と書くのは誤り。
【類義語】 共同戦線/楚越同舟/大同団結/同舟共済/風雨同舟
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス