国士無双

【読み】 こくしむそう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【国士無双の解説】

【意味】 国士無双とは、一国中で並ぶ者がいないほどすぐれた人物のこと。
【注釈】 「国士」とは、国中で一番すぐれた人物の意。
「無双」とは、並ぶもののないこと。
『史記・淮陰侯伝』に「信の如き者に至りては、国士無双なり、と」とある。
【故事】 中国前漢の漢王・劉邦が項羽と天下争奪戦を行っていた頃、その才能が認められなかった韓信を、蕭何が評して「韓信は国士無双であるから失ってはなりません」と劉邦に言ったという故事に基づく。
【出典】 『史記』淮陰侯伝
【注意】
【類義語】 海内無双古今無双天下一品/天下第一/天下無双/天下無敵/天下無類/当代第一/当代無双/斗南一人/非常之人
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス