極楽浄土

【読み】 ごくらくじょうど
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【極楽浄土の解説】

【意味】 極楽浄土とは、仏教で阿弥陀仏がいるとされる悩みや苦しみのない安楽の世界のこと。
【注釈】 「極楽」とは、この上なく安楽な世界のこと。仏教で、理想の世界。
「浄土」とは、仏や菩薩が住む清浄な国のこと。
西方に向かって十万億土のかなたにある、苦しみが一切ない理想の世界をいう。
『阿弥陀経』に「これより西方、十万億の仏土を過ぎて、世界あり、名づけて極楽という」とみえる。
【故事】
【出典】 『阿弥陀経』
【注意】 「極楽」を「きょくらく」と読むのは誤り。
【類義語】 安養宝国/安楽浄土/安楽世界/九品浄土/極楽国土/極楽世界/西方浄土/西方世界/寂光浄土/十万億土
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス