鼓腹撃壌

【読み】 こふくげきじょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 撃壌鼓腹
【訓読】 腹を鼓し壌を撃つ(はらをこしつちをうつ)
【漢検級】 準2級

【鼓腹撃壌の解説】

【意味】 鼓腹撃壌とは、世の中が太平で、安楽な生活を人々が楽しむさま。
【注釈】 「鼓腹」とは、満腹になった腹をたたくこと。転じて、食に満ちているさま。 「撃壌」とは、足で地面を踏み拍子を取る(歌う)こと。 『十八史略・五帝』に「老人有り、哺を含み、腹を鼓うち、壌を撃ちて歌ひて曰はく、日出でて作し、日入りて息ひ、井をうがちて飲み、田を耕して食らふ、帝力何ぞ我に有らんや、と」とみえる。
【故事】 中国古代、伝説の聖君子とされる尭帝が、世の中がおさまっているかどうかひそかに視察に出かけたところ、老人が腹鼓を打ち地面を踏み、世の太平を謳歌する歌を歌っている姿を見て安心したという。
【出典】 『十八史略』五帝
【注意】 「壌」を「譲」と書くのは誤り。
【類義語】 含哺鼓腹/撃壌之歌/光風霽月
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス