末法思想

【読み】 まっぽうしそう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】

【末法思想の解説】

【意味】 末法思想とは、釈迦の入滅後、年代が経つにつれて仏法が衰えるという、仏教における歴史観の一つ。
【注釈】 釈迦の入滅後、最初の五百年を正法、その後の千年を像法、最後の一万年を末法という。(各時期には、諸説ある)
末法の時期は教えのみが残り、修行する者も悟る者もいなくなり、仏法が衰え、災害や戦乱が続くなど救いがたい世になるという思想で、日本では平安後期から鎌倉時代にかけて広く浸透し、人々を不安に陥らせる一方、仏教の興隆に大きな影響をもたらした。
【故事】
【出典】
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス