明鏡止水

【読み】 めいきょうしすい
【その他の読み】 めいけいしすい
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【明鏡止水の解説】

【意味】 明鏡止水とは、邪念がなく澄み切った心で落ち着いていることのたとえ。
【注釈】 「明鏡」は、一点の曇りもないきれいな鏡のこと。
「止水」とは、静止して澄み切った水の意。
【故事】
【出典】 『荘子』徳充符
『淮南子』俶真訓
【注意】
【類義語】 虚心坦懐光風霽月心頭滅却則天去私大悟徹底/無念無想
【対義語】 意馬心猿疑心暗鬼/焦心苦慮

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス