妄言多謝

【読み】 もうげんたしゃ
【その他の読み】 ぼうげんたしゃ
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【妄言多謝の解説】

【意味】 妄言多謝とは、いいかげんな言葉を並べたことを詫びる意で、手紙などの末尾に添えることば。
【注釈】 「妄言」とは、いいかげんな言葉。でまかせの言葉。
「多謝」とは、罪を深くわびること。
手紙などで自分の意見や気持ちを述べた後に、謙遜して添えることば。
【故事】
【出典】
【注意】 「妄言」を「盲言」と書くのは誤り。
【類義語】 恐悦至極/恐恐謹言/恐惶謹言/恐惶嘆願/惶恐再拝/再拝稽首/誠惶誠恐/頓首再拝/暴言多罪/妄評多罪
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス