肉袒牽羊

【読み】 にくたんけんよう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 肉袒して羊を牽く(にくたんしてひつじをひく)
【漢検級】 1級

【肉袒牽羊の解説】

【意味】 肉袒牽羊とは、降伏し、臣下となることを請願すること。
【注釈】 「肉袒」とは、肌を脱いで上半身をあらわにすることで、降伏のときにどのような処罰でも受けるという意思を示す意。
「牽羊」とは、羊をひくこと。料理人がしもべとして使える意を示す。
【故事】
【出典】 『春秋左氏伝』宣公一二年
【注意】 「牽羊」を「索羊」と書くのは誤り。
【類義語】 肉袒負荊/肉袒面縛
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス