嚢中之錐

【読み】 のうちゅうのきり
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【嚢中之錐の解説】

【意味】 嚢中之錐とは、凡人の中にまじっていても、すぐれた人は才能が目立って真価があらわすということ。
【注釈】 「嚢」は袋の意。
袋の中に入れた錐は、袋を破って刃先が見えてくることから。
『史記・平原君伝』に「夫れ賢士の世に処るや、譬えば錐の嚢中に処るが若し」とある。
【故事】
【出典】 『史記』平原君伝
【注意】
【類義語】 嚢中之穎/嚢中之類
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス