落花狼藉

【読み】 らっかろうぜき
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 1級

【落花狼藉の解説】

【意味】 落花狼藉とは、物が散乱すること。また、女性や子供に対して乱暴を働くこと。
【注釈】 「落花」は、花が散り乱れていること。
「狼藉」とは、狼が寝た痕跡を隠すために敷いた草を乱す習性があると言われることから、乱雑に散らかったさま。
また、花びらを女性に見立て、女性や子供に乱暴をはたらく意味でも使われる。
『和漢朗詠集』に「落花狼藉風狂ふ後、啼鳥竜鐘雨打つ時」とみえる。
【故事】
【出典】 『和漢朗詠集』上
【注意】 「落花」を「落下」、「狼藉」を「狼籍」などと書くのは誤り。
【類義語】 杯盤狼藉/落英繽紛/落花繽紛/乱暴狼藉
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス