籠鳥檻猿

【読み】 ろうちょうかんえん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】 檻猿籠鳥
【訓読】
【漢検級】 1級

【籠鳥檻猿の解説】

【意味】 籠鳥檻猿とは、自由を奪われ、自分の思うように生きられないもののたとえ。
【注釈】 籠の中に閉じ込められた鳥と、檻の中に閉じ込められた猿の意で、ともに自由を奪われた境遇であることから。
白居易の詩『山中にて元九に書を与え因りて書後に題す』に「籠鳥檻猿倶に未だ死せず、人間相見るは是れ何れの年ぞ」とあるのに基づく。
【故事】 唐の時代、白居易とその友人である元稹がともに左遷にあい、不自由な生き方を強いられた。
そのときの二者を、白居易が比喩して言ったことば。
【出典】 白居易・詩「山中にて元九に書を与え因りて書後に題す」
【注意】
【類義語】 自縄自縛/楚囚南冠/手枷足枷
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス