六道輪廻

【読み】 ろくどうりんね
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準1級

【六道輪廻の解説】

【意味】 六道輪廻とは、六種の世界で生死をくり返すこと。
【注釈】 仏教語で、「六道」は地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上のこと。六つのうちのどこに生まれ変わるかは生前の行いによって決まる。
「輪廻」は、車輪がまわるように生死をくり返すこと。
【故事】
【出典】 張説「唐陳州竜興寺牌」
【注意】 「輪廻」を「りんかい」と読むのは誤り。
【類義語】 輪廻転生/流転輪廻/六趣輪廻
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス