六根清浄

【読み】 ろっこんしょうじょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【六根清浄の解説】

【意味】 六根清浄とは、人間の持つ欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。
【注釈】 「六根」とは、眼・耳・鼻・舌・身・意の六つの認識器官のこと。
「清浄」は、煩悩を離れ心が清らかな意。
仏教で、六つの器官がそれぞれの対象(色・声・香・味・触・法)を認識するときに、執着を持たないことを意味する。
略して「六根浄」ともいう。
日本では、登山する修行者が唱える慣わしがある。
【故事】
【出典】 『法華経』常不軽菩薩品
【注意】 「清浄」を「正浄」と書いたり、「せいじょう」と読むのは誤り。
【類義語】 斎戒沐浴精進潔斎/六根自在/和敬清寂
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス