三百代言

【読み】 さんびゃくだいげん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【三百代言の解説】

【意味】 三百代言とは、詭弁を弄すること。また、そのような人。また、弁護士をののしって言うことば。
【注釈】 「三百」は三百文のことで、わずかな金額から価値が低い意。
「代言」は、弁護士の旧称。
明治時代初期、弁護士の資格もない代言人をののしって言ったことば。
【故事】
【出典】
【注意】 「代言」を「大言」と書いたり、「だいごん」と読むのは誤り。
【類義語】 擠陥讒誣/朝三暮四
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス