是是非非

【読み】 ぜぜひひ
【その他の読み】
【別表記】 是々非々
【類形同義語】
【訓読】 是を是とし非を非とする(ぜをぜとしひをひとする)
【漢検級】 4級

【是是非非の解説】

【意味】 是是非非とは、良いものは良い、悪いものは悪いと、客観的または公平に物事を判断すること。
【注釈】 「是」は正しい、「非」は正しくないの意。
正しいことは正しいと認め、正しくないことは正しくないと認める意から。
『荀子・修身』に「是を是とし非を非とする、これを知と謂う」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『荀子』修身
【注意】
【類義語】 厳正中立/公平無私/無私無偏
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス