色即是空

【読み】 しきそくぜくう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 4級

【色即是空の解説】

【意味】 色即是空とは、この世に存在するものの本質はすべて、固定的実態がなく空無であるということ。
【注釈】 仏教の「空(くう)」の思想。世の中のあらゆるものには実態がないという考え方。
語構成は「色」+「即是」+「空」。
「色」はあらゆる事物や現象、「即是」はとりもなおさずの意、「空」は実態がないこと。
『般若心経』に「色空に異ならず、空色に異ならず。色即是空、空即是色。」とある。
【故事】
【出典】 『般若心経』
【注意】
【類義語】 一切皆空/空即是色五蘊皆空
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

色即是空(しきそくぜくう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
色即是空、空即是色の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス