諸行無常

【読み】 しょぎょうむじょう
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【諸行無常の解説】

【意味】 諸行無常とは、仏教で、この世の万物は常に変化し、恒常・不滅なものはないということ。人生のはかないことをいう。
【注釈】 「諸」は万物、「行」は流動、「無常」は常にとどまらないの意。
『平家物語』の冒頭「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」は、広く世に知られている。
【故事】
【出典】 『北本涅槃経』一四
『景徳伝灯録』一
【注意】 「無常」を「無情」や「無上」などと書くのは誤り。
【類義語】 有為転変/有為無常/生死無常/是生滅法/朝盈夕虚/朝有紅顔/万物流転/無常迅速/老少不定
【対義語】

【使用漢字】

【関連リンク】

「諸行無常」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス