酔生夢死

【読み】 すいせいむし
【その他の読み】 すいせいぼうし
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 3級

【酔生夢死の解説】

【意味】 酔生夢死とは、何をなすこともなく、ただむなしく一生を過ごすことのたとえ。
【注釈】 酒に酔ったように生き、夢をみるように死んでいく意から、ただぼんやりと一生を送ること。
『程頤』の「明道先生行状」に「高才明智と雖も、見聞に膠し、酔生夢死して自ら覚らざるなり」とみえる。
【故事】
【出典】 『小学』嘉言
『程頤』「明道先生行状」
【注意】 「夢死」を「無死」と書くのは誤り。
【類義語】 拱手傍観/座食逸飽/袖手傍観/走尸行肉/無為徒食/遊生夢死
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス