他力本願

【読み】 たりきほんがん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【他力本願の解説】

【意味】 他力本願とは、自分で努力せず、もっぱら他人の力をあてにすること。また、仏教で阿弥陀仏の本願にすがって、往生を願うこと。
【注釈】 「他力」は、他人の力。仏教で自分以外(阿弥陀如来)の力を借りること。
「本願」は、仏教で仏が修行しているときに立てられた誓願のこと。
自己の修行ではなく、仏や菩薩の本願にすがって極楽往生を願うことから。
【故事】
【出典】 『教行信証』
【注意】 「他力」を「たりょく」と読むのは誤り。
【類義語】 悪人正機
【対義語】

【使用漢字】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス