羝羊触藩

【読み】 ていようしょくはん
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】 羝羊藩に触る(ていようまがきにふる)
【漢検級】

【羝羊触藩の解説】

【意味】 羝羊触藩とは、勢いにまかせて突き進む者は、進退きわまることのたとえ。また、単に進退きわまることのたとえ。
【注釈】 「羝羊」は雄羊、「藩」は生け垣の意。
雄の羊が勢いよく突進し、生け垣に角を引っかけて身動きが取れなくなっていることから。
『易経・大荘』に「羝羊藩に触れ、退くこと能わず、遂むこと能わず」とあるのに基づく。
【故事】
【出典】 『易経』大荘
【注意】
【類義語】
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス