手練手管

【読み】 てれんてくだ
【その他の読み】
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 5級

【手練手管の解説】

【意味】 手練手管とは、思い通りに人をだまし操る手段・技巧のこと。
【注釈】 「手練」「手管」ともに人を操る手段・技術の意。
同義の語を重ねて意味を強調している。
もとは遊女が客を巧みに操る手段を言った。
【故事】
【出典】
【注意】
【類義語】 虚虚実実/譎詐百端/権謀術策/権謀術数/反間苦肉
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス