天壌無窮

【読み】 てんじょうむきゅう
【その他の読み】 てんじょうぶきゅう
【別表記】
【類形同義語】
【訓読】
【漢検級】 準2級

【天壌無窮の解説】

【意味】 天壌無窮とは、天地とともに永遠に続くこと。
【注釈】 「天壌」は、天と地の意。
「無窮」とは、きわまりないこと。終わりがないこと。
『日本書紀・神代紀下』に「宝祚の隆、当に天壌と窮まり無かるべき者なり」とみえる。
【故事】
【出典】 『日本書紀』神代紀
【注意】 「壌」を「譲」と書くのは誤り。
【類義語】 天地無窮/天長地久/百載無窮
【対義語】

【使用漢字】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典故事ことわざ辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright © 平明四字熟語辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス